外壁塗装に使われる塗料の種類

こんにちは!翔です。

今回は外壁塗装で使用される塗料の種類に関して書いていこうと思います。

実は塗料によって耐用年数が変わってきたり、効果が違ったりするので慎重に選ぶ必要があります。

まず塗料の種類を見てみましょう!

・アクリル
・ウレタン
・シリコン
・ラジカル制御形
・フッ素
・光触媒
・無機

まずアクリルは塗料の中では一番安価で、1,400円から高くても1,600円くらいになります。

ただし耐用年数は少なく、5年から長くても7年くらいしか保てません。

なので、頻繁に塗り直しをしたり点検をしなくてはいけなくなります。

次にウレタンですが、こちらもそこまで高くなく、1,700円から2,200円くらいです。

耐用年数も長くて10年、短くても8年くらいは保てるので、平均的です。

次にシリコン

シリコンは今人気になっている塗料で、単価は2,300円から3,000円くらいで多少高めですが、耐用年数が最低10年、最高で15年くらいは保ってくれます。

メンテナンスもそこまで必要ないので使いやすい塗料です。

そしてラジカル制御形

これはシリコンと同じくらいの単価で使えて、耐用年数がシリコンとフッ素の間くらいなので、非常におすすめな塗料です。

単価は先ほどのシリコンと同じで、耐用年数は12年から15年くらいです。

最低でも10年以上は問題がないので頻繁に塗り替える必要がないのはありがたいですね。

フッ素は、ラジカル塗料に比べると単価は高くて、3,800円から4,800円くらいかかります。

ただし耐用年数は15年から20年くらいなので、かなり長い期間そのままでも問題ない塗料です。

耐用年数を考えると初期投資の分は回収できるだけの期間放置していても問題ありません。

光触媒は単価が高くて最大5,000円くらいかかりますが、フッ素と同じだけの耐用年数となっています。

無機の塗料は最大5,500円くらいの単価で耐用年数は最大25年くらいです。

塗料は耐用年数が長いからと安易に考えて選んでしまうのは良くありません。

今家に使われている塗料との相性で選ばないと実際の耐用年数よりも短い期間しか保てなくなってしまうこともあります。

なので、一度施工業者に確認してみましょう。