外壁塗装の適切な時期・タイミングは?

初めまして!大工の息子の翔です!

僕の家は父親が大工をやっていて、会社の社長です。

なので、昔から現場に連れていかれて、色んな知識を教えてくれていました。

小さいころから教えられてきたので、今僕は父親の会社で職人として働いています。

そんな僕が外壁塗装に関する情報を発信していこうと思って、このブログを立ち上げました。

これから外壁塗装に関しての情報をどんどん書いていくのでよろしくお願いしますね!

さて、家の外壁、塗装をし直さないといけない時期やタイミングって知ってますか?

知らない人が多いと思うんですが、ちゃんと塗装し直さないといけない時期やタイミングがあるんです。

ちなみに外壁塗装の時期というのは、「塗装をしないといけない症状が出ている」ということです。

なので、外壁塗装の時期とタイミングとは意味が違ってきます。

外壁塗装の時期は以下になります。

・塗装が必要なレベルの劣化が起こっている
・築年数が10年以上は経過している
・ライフステージが変わってきた
・塗装業者の繁忙期

外壁の劣化は自然災害などで塗装が剥がれてしまっている状態の事を言います。

少しくらいの塗装剥がれなら今すぐにどうこうしないといけないというわけではないですが、一生保つ塗料はないので塗装し直しが必要なのは覚えておくべきです。

劣化が目立つようになって来たら塗り直しの時期と言えるでしょう。

剥がれ以外にも汚れや変色も大丈夫とはいえ気にするポイントでしょう。

また、塗料は長くても10年程度しか耐用年数がありません。

なので、築10年以上経過しているなら塗り直しは検討するべきです。

季節に関しては、台風や雨が降りやすい6月~8月は工事が中断しやすかったりするので、お勧めは10月以降で次の年の2月くらいまでが良いでしょう。

雨風も少なく、工事が中断しづらい上に、塗料の乾き方も緩やかなので作業がしやすくなります。