雨の日に外壁塗装工事ができない理由

こんにちは!翔です。

雨が降ってしまうと塗装工事ができません。

それはなぜかというと、3つの理由があります。

・塗料に雨が混ざってしまうことで流れ出てしまいキレイに仕上がらない
・塗料が薄まってしまう為長持ちしなくなってしまう
・湿気で塗料が乾きにくい

雨が降った状態で作業をしてしまうと塗料に雨水が混ざってしまうので、多少薄まってしまいます。

そうなると塗料が流れ出てしまい、キレイに仕上がらない上に本来の耐用年数よりも短くなってしまう可能性が高いです。

ただし、雨だけが大敵なのではなく、実は湿気や気温も注意しないといけなくなります。

外壁塗装は3度塗りが基本なので、1回1回適切な期間乾燥させないといけなくなります。

しかし、湿気があるとうまく乾燥させることができなくなるので、工事が長引いてしまいます。

外壁塗装で避けたいのは湿度85%気温5度以下とされています。

これに該当してしまうと塗料が上手く乾かないことになってしまうのです。

塗り重ねていくには前に塗った塗料が十分に乾いていないといけないので湿気や気温は慎重になります。

また、朝は雨が降っていなくても昼過ぎから雨が降ってしまうような予報であった場合は、安全を考えて作業をしないということもあり得ます。

そうなると期間は伸びることになりますが、その際の追加料金は気になりますよね?

ほとんどの業者は工期延長による追加料金はかからないことが多いので安心してください。

ただし、業者によっては追加料金が発生することもあるので、予め確認しておくようにすると良いでしょう。

では、外壁塗装はどの業者に依頼したらいいのかっていう話ですが、地域別で業者を紹介しているサイトがあるので載せておきます。

こちらです。⇒refochan.com

地域別の業者の紹介やそれ以外の外壁塗装に関する知識が載っているサイトなので役立つ情報が満載です。

是非見てみてくださいね!